menu

他の解熱鎮痛剤にはないセレコックスの特徴とは

セレコックスは有効成分セレコキシブの働きで炎症を抑えて痛みや腫れを和らげる解熱鎮痛剤です。
NSAIDsとも呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬のグループに属し、炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンという物質が生成されるのを抑制して効果を発揮します。
セレコックスには他の非ステロイド性抗炎症薬にはない特徴があり、効き目の強い解熱鎮痛剤などで胃に痛みが出やすい人に向く痛み止めとして重宝されています。

セレコックスをはじめ非ステロイド性抗炎症薬は炎症の原因物質プロスタグランジンを生成させる酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害して効き目をあらわします。
シクロオキシゲナーゼはCOXと略されCOX-1とCOX-2など幾つかの種類があります。
炎症や痛みの原因に関わるのはCOX-2とされ、COX-1は胃粘膜保護作用を担っており、非ステロイド性抗炎症薬が両方のCOXを阻害することで胃粘膜保護力が落ちて胃が荒れてしまいます。
セレコックスはその副作用が起こりにくい痛み止めとして開発されました。

セレコックスの有効成分セレコキシブはCOX両方の阻害で起こる胃粘膜保護作用低下を抑えるためCOX-2だけを選択的に阻害する働きを持っています。
胃粘液分泌の促進や胃酸分泌を抑制して胃を守るCOX-1の働きは阻害されないために胃の痛みが起こりにくく、炎症や痛みを抑える高い効果を発揮することが可能になっています。
熱を下げる効能のみやや弱いためセレコックスは解熱剤としては処方されない面があります。

痛みや炎症を抑える効き目が長いのもセレコックスのメリットの1つで、1日2回服用することで24時間の消炎鎮痛作用が持続します。
セレコックスを夕食後に服用しておけば痛みで夜中に目が覚まさずに済むため質の良い睡眠をとることが可能となり、痛みの原因となっている病気や怪我の回復を順調に進めることが期待できます。
胃腸に優しいセレコックスのおかげで食事の栄養も効率良く摂取できることから体力回復の妨げにならない痛み止めと言えます。

セレコックスなどの「非ステロイド性消炎」って?

セレコックスが属しているNSAIDsこと非ステロイド性抗炎症薬には他にも効き目の強い解熱鎮痛剤として知られる薬が幾つかあります。
いずれも炎症や痛み・発熱を引き起こす物質プロスタグランジンの生成を抑える効能を持つため、腫れや痛みの元を断つという画期的な作用で優れた効果を発揮します。
非ステロイド性消炎はプロスタグランジンを生み出す酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害してプロスタグランジン増加を抑える特徴を持っています。

痛みが起こる原因が生み出されるのを防ぐことで優れた鎮痛効果をあらわす非ステロイド性抗炎症薬ですが、プロスタグランジン生成酵素であるCOXとも呼ばれるシクロオキシゲナーゼには幾つかの種類があります。
炎症や痛みを引き起こすCOX-2のほうでCOX-1は胃粘膜の分泌を促したり胃酸が出るのを抑えるなどの働きを持つため、非ステロイド性抗炎症薬が両方のCOXを阻害することで胃粘膜の保護作用の低下を招いてしまいます。

COXを阻害して効果を発揮する非ステロイド性抗炎症薬は一般的に効き目は良いものの胃が荒れやすいと言われるのは胃粘膜保護作用にとって大事なCOX-1の働きまで邪魔してしまうためで、セレコックスはその副作用を防ぐ新たな痛み止めとして登場しました。
セレコックスの有効成分セレコキシブはCOX-2を選択的に阻害してCOX-1には影響を及ぼしにくいため、胃粘膜保護作用を保ったまま痛み止め効果をあらわすことが可能になっています。

胃が荒れにくいと言われるセレコックスですが、胃腸への副作用が皆無という訳ではないため用法用量を守って服用することは必須とされています。
他の非ステロイド性抗炎症薬同様に飲み合わせに要注意の医薬品も少なくなく、他の薬と併用したい場合は医師や薬剤師に相談するべき薬です。

おすすめ記事
  1. 鎮痛剤では収まらない胃の痛みにはネキシウム
  2. 授乳中の頭痛に鎮痛剤服用はあり?なし?
  3. 酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルの服用を考える
ページ上部へ戻る