menu

授乳中の頭痛に鎮痛剤服用はあり?なし?

授乳中はいろんな薬を飲めず、苦労することが多いと思いますが、病気はどんなときでも襲ってきます。
特に産後間もないお母さんは慣れない育児や家事にストレスを感じ、頭痛といった症状が出ることは少なくありません。
頭痛が辛くて薬を飲みたいけど、大切な赤ちゃんのためにも母乳に影響する成分を服用するのは怖い…といった不安が大きいと思います。
では本当に薬を飲むと母乳に影響するのか?その疑問にお答えします。

まず、母乳はお母さんの血液から作られています。
現在販売されている薬のほとんどは母乳中に成分が移行したとしても非常に少ない量とされています。
なので赤ちゃんがその母乳を飲んだとしても、体に影響することはごく稀にしか起きません。
世界保健機構(WHO)や国連児童基金(ユニセフ)から母体から子供への影響として「薬を服用したことにより母乳から子供への悪影響より、授乳を止めるほうが子供への悪影響が大きい」と国際的に発表されています。

だからといってどんな薬を服用してもいいというわけではありません。
ほとんどの薬の成分は母乳に移行するわけですから、頭痛を抑えるために鎮痛剤を多量に服用していいことにはなりません。
どのような市販薬でも病院で処方された薬でも、必ず医師や薬剤師の指示に従い、用法・容量を守って服用することが大事になります。

とはいえ頭痛に悩まされている方は一刻も早く症状を治まらせたいですよね。
授乳中でも服用できる鎮痛剤で一般的な物に「アセトアミノフェン」という成分が使用されたものがあります。
市販されている薬として「カロナール」が有名です。
こちらの薬は赤ちゃんにも広く処方される薬で、母乳に移行する成分は赤ちゃんが直接服用するより少ないとされています。

薬を飲んでも頭痛が治まらない、既定の量を飲んでしまってもう薬が飲めないのに頭痛が治らない…といった方には、頭痛を和らげるマッサージをおすすめします。
このマッサージは2人で行います。
方法は、腕を前から後ろへ大きく回します。このとき、肘をまっすぐ伸ばすようにするとより効果が期待できます。
腕をまっすぐ上にあげたとき、もう一人が親指を相手の肩甲骨の内側に入れるようにして筋肉をほぐすように押してください。
この動きを3~5回ほど繰り返しましょう。やりすぎには注意してください。

授乳でも飲める薬は多くありますので、辛い症状は我慢せずに医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬を飲まずに頭痛を治める方法

先述のように、授乳中の女性が頭痛のために鎮痛剤などを服用していても、母体の血液中の濃度と母乳に含まれる濃度は同じではないので鎮痛剤を服用してもいいことになります。
しかし、赤ちゃんはやはり体重も軽く薬を分解する能力も低いためなるべくなら服用したくないというのが親心でしょう。
鎮痛剤などの薬なしで頭痛を無くす、あるいは軽くするにはいくつかの方法があります。
それにはまず頭痛のタイプを知ることです。

頭痛には大きく分けて二種類があり、「偏頭痛型」と「緊張型」です。
前者のほうは、頭の決まった部位が痛くなるのが特徴でいわゆる頭痛持ちの方は大半がこちらだと言われています。
偏頭痛は頭部の血管が何らかの理由で拡張してしまい、神経に触れて痛みを引き起こすので血管を収縮させる必要があるのです。
そのため、身近なものではコーヒーや緑茶、紅茶に含まれるカフェインを摂取することがもっとも手軽な対策になります。
もちろん飲み過ぎはやはり母乳を通じて赤ちゃんにカフェインが行き過ぎてしまいますから、コーヒーであればカップ3杯ほどまでの量に留めておきましょう。

いっぽう、後者の「緊張型」の頭痛は首や頭、肩の筋肉が緊張してコチコチに硬直し、それが神経を刺激することで起きます。
回復させるには筋肉を柔らかくほぐすことが必要で、マッサージはもちろんのことアロマを焚く、ストレッチを行う、お風呂に入るなどが効果的です。
お風呂に入る場合は、お湯の温度に気を付けましょう。
あまり熱いお湯はかえって身体を緊張させますので、ぬるめのお湯にゆったりと長時間浸かることでリラックスできます。
お風呂上がりには湯冷めに気をつけて身体を暖かく保つことも重要です。

おすすめ記事
  1. 鎮痛剤では収まらない胃の痛みにはネキシウム
  2. 授乳中の頭痛に鎮痛剤服用はあり?なし?
  3. 酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルの服用を考える
ページ上部へ戻る