menu

酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルの服用を考える

生理痛は痛みの程度に差があり人によってはほとんど感じないような人もいますが、中には生理痛がひどく生理の期間中は社会生活がいつも通りに送れないような人もいます。
生理痛が起こる原因は、プロスタグランジンという物質が放出されて子宮が強く収縮することと、プロスタグランジンには痛みを強く感じさせるような作用があるからだと言われています。

生理痛が重い時には鎮痛剤を使用して痛みを軽減させる治療が主なものになりますが、生理痛が重過ぎると鎮痛剤を飲んでも効果が感じられにくく、痛みが重いままになってしまうことがあります。
そこまで生理痛が重くなってしまう時にはピルを服用すると痛みが軽減する可能性があります。

生理痛が重い時には出血量が多いこともあり、それは子宮内膜が必要以上に厚くなっていることで出血量が多くなると考えられます。
通常は受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなっていきますが、ピルを服用すると排卵が起こらないために、子宮内膜を厚くする作用が少なくなり、その結果出血量も少なくなります。
そして生理痛も軽くなることが多いというメリットがあります。

またホルモンバランスが乱れていることも生理痛を重くする原因となりますが、ピルを服用することでホルモンバランスを安定させることができるようになります。
通常は身体の中で女性ホルモンが分泌されますが、何らかの原因で女性ホルモンの量が正常に分泌されなくなることがあり、そうなるとバランスが乱れて生理痛が重くなってしまいます。

その点ピルによって女性ホルモンを体の中に取り入れると、いつも決まった量のホルモン量のためバランスが乱れるということがありません。
体の外から女性ホルモンを取り入れることに慣れてくると、体の中のホルモン量は安定してきてひどかった生理痛が軽くなる効果が期待できます。
ピルを服用することにはこのようなメリットがあるので、生理痛が重い人はピルの服用を検討してみると良いでしょう。

低用量ピルの種類とは

実際にピルを服用し始めようと思った時には、低用量ピルの種類を知っておく必要があります。
ピルには含まれているホルモンの量によって高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルといった種類がありますが、生理痛の緩和のために使用するものは低用量ピルになります。

そして、低用量ピルの中でもいくつかの種類に分類されます。
まずピルの中に含まれるホルモンの量が月経周期に合わせて変化するものと、常に一定量のホルモン量が含まれているものに分けられます。
ホルモン量が変化するものは自然の体のリズムに沿った内容になっており、段階型と呼ばれています。
ホルモン量の違いがあるので、決まった錠剤を服用する必要が出てきます。
全ての錠剤が同じホルモン量のものは一相性と呼ばれており、これはどのような順番で飲んでも内容が同じなので、効果に差が出ることはありません。

そしてピルが作られた順番によっても分類されており、最も古いものが第一世代ピルといわれるものです。
黄体ホルモンは初めて開発されたものを使用しており、卵胞ホルモンの作用が弱く黄体ホルモンの量が多いことが特徴です。

第一世代の黄体ホルモンの量を抑えた作りになっているのが第二世代ピルです。
黄体ホルモンの量を減らしながらもしっかりとした効果を出した作りになっています。
しかし、副作用がでることがあり体重が増える・体毛が濃くなるという副作用が出やすいという特徴があります。
そのため第二世代のピルはホルモン量を徐々に減らす段階型のピルが多くなっています。

第二世代ピルの副作用を抑えた作りになっているのが第三世代ピルです。
さらに含まれるホルモン量を減らした超低用量ピルというものもあります。
ピルは人によって合うものが違うので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

おすすめ記事
  1. 酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルの服用を考える
  2. 腰痛に効くストレッチ法
  3. リウマチや関節痛に効く鎮痛剤を通販で購入
ページ上部へ戻る