menu

鎮痛剤では収まらない胃の痛みにはネキシウム

鎮痛剤という種類の薬は痛みをとる作用のある薬ですが、一般的な鎮痛剤は胃痛には効果がでないことがあります。
鎮痛剤は痛みの原因となるプロスタグランジンの合成を阻害することで痛みを感じないようにする作用がありますが、胃痛の場合には痛みがでる原因が違っているために、効果が出ないことがあります。

では胃痛がある場合にはどのような薬を使用して痛みを抑えればいいかというと、ネキシウムという胃酸の分泌を抑える薬を使用すると胃痛がおさまることがあります。
ネキシウムは消化性潰瘍を治療する薬で、胃酸が過剰に出ていることで胃の粘膜が傷ついてできる潰瘍を治す働きがあります。
胃酸は体にとって必要ですが、過剰に分泌されることで酸性度が高くなり自分の胃の粘膜を溶かしてしまいます。

胃酸が過剰に分泌されることで起こる病気は消化性潰瘍以外にも胃炎や胃もたれなどの胃の症状があらわれるものがあります。
胃痛が起こる病気の多くはこれらの胃酸が多く分泌されることで起こるものです。
そのため、ネキシウムを服用することで胃酸の分泌が抑えられて、胃炎などの症状が和らぎ、胃痛も軽減することが期待できます。

ネキシウムは即効性はないものの作用が強いということで、発売された後に人気が高まっている薬で、逆流性食道炎の治療やピロリ菌の除去の補助として使われることもあります。
プロトポンプ阻害剤という種類の薬になり、この種類の薬は胃酸と反応して活性化されてから効果を発揮するために、服用後に効果があらわれるまでに多少の時間を要します。
しかし、その分持続性に優れているという特徴があり、1日1回の服用で24時間にわたって胃酸の分泌を抑えることができます。

ネキシウムはこのように強い作用があり効果が期待できるだけでなく、作用時間が長く1日1回の服用でよいという使い勝手に優れた薬で、胃酸分泌を抑制する作用のある薬の中では第一選択肢になることの多い人気のある薬です。

ネキシウムが効かない胃の痛みの対処法

しかし、胃痛を起こす病気や原因には色々な種類のものがあり、全ての胃痛がネキシウムで解消するわけではありません。
胃酸が過剰に出ていることが原因で起こっている痛みに関しては強い効果を出しますが、それ以外のことが原因だった場合には胃酸の分泌を少なくしても胃の痛みが続くことがあります。

そのようなネキシウムが効かない胃の痛みに対処する時には胃に優しい食べ物をとるなど、胃の負担をできる限り少なくするようにすることが必要です。
痛みが起こっているということは、なんらかの異常があったり、通常とは違った状態になっているということです。
そういった時には負担をかけないようにすることで、安静が保たれるようになります。
安静にすることで痛みを起こしている部位の修復が進み、痛みの治療につながります。

胃に優しい食べ物をとる時の注意点としては食材に消化しやすいものを選ぶことだけでなく、調理方法も工夫をして消化をしやすくなるように気をつけましょう。
なるべく生の状態で体に入れることを避けて柔らかく調理した状態にして、その際には脂を多用しないような調理法が望ましいでしょう。
またスパイスや香辛料などは強い刺激を与えるので控えるようにします。

そして食事の温度も大切です。
熱過ぎるものや冷た過ぎるものは負担が大きくなってしまうので、胃痛を悪化させてしまう可能性があります。
できるだけ常温や温かい状態のものを少しずつ食べるようにしましょう。
一度に多くの食物を体に入れてしまうと消化する量が多くなり負担を大きくしてしまうため、少量ずつ食べることが基本です。
様子を見ながら量を調整していきましょう。そのような対処をしても胃痛が改善しない時には病院を受診しましょう。

おすすめ記事
  1. 鎮痛剤では収まらない胃の痛みにはネキシウム
  2. 授乳中の頭痛に鎮痛剤服用はあり?なし?
  3. 酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルの服用を考える
ページ上部へ戻る